ドレミファで歌えるようにしましょう

2013年9月20日

楽譜を読む時、ドレミファで歌うと、とても歌い易いと思います。

文字で書かれた詩や文章に旋律をつけていきなり歌う事は大変です。

そのように歌っている「シンガーソング・ライター」も多くいますが、結局は二つか三つのコード(和音)を繰り返し使って歌っているだけの歌になってしまっています。自分で作った歌をドレミファで歌ってそれを楽譜に書いておけば、いつでも思い出せますし、変化をつける事も簡単です。前とは違う進化した音楽を作り出す事ができます。ですから幼い時から「楽譜を書く」という練習をしておかないと良い音楽は書けません。そこで成長著しい幼児の時から「ソルフェージュ」という教育を身につけておく事が重要になってくるのです。どうぞ山本音楽研究室にお出かけ下さい。

 

楽譜の読み方の工夫

2013年9月3日

楽譜の読み方を早くするには・・・・・・・

楽譜を読むと言うことは、音符を「ドレミファ」等で読むという事ではなくて「作曲者の意図を理解する」という事になります。そこでどうしたら良いか考えました。長い経験から言えることですが、以外かもしれませんが、終りから先に練習する事が早い読み方です。「どのように終わるのか」「その前はどうなっているか」・・・・ そして終りの何小節かを演奏してにます。多分その頃になると作曲者の気持ちがおよそ分かります。

そこで今度は最初に戻って演奏してみます。作曲者の気持ちが分かっているので、あとは音符を間違えないで演奏すれば、かなり順調に進むと思います。

こんなやり方を試してみて下さい。