楽譜の読み方の工夫

2013年9月3日

楽譜の読み方を早くするには・・・・・・・

楽譜を読むと言うことは、音符を「ドレミファ」等で読むという事ではなくて「作曲者の意図を理解する」という事になります。そこでどうしたら良いか考えました。長い経験から言えることですが、以外かもしれませんが、終りから先に練習する事が早い読み方です。「どのように終わるのか」「その前はどうなっているか」・・・・ そして終りの何小節かを演奏してにます。多分その頃になると作曲者の気持ちがおよそ分かります。

そこで今度は最初に戻って演奏してみます。作曲者の気持ちが分かっているので、あとは音符を間違えないで演奏すれば、かなり順調に進むと思います。

こんなやり方を試してみて下さい。