ドレミファで歌えるようにしましょう

2013年9月20日

楽譜を読む時、ドレミファで歌うと、とても歌い易いと思います。

文字で書かれた詩や文章に旋律をつけていきなり歌う事は大変です。

そのように歌っている「シンガーソング・ライター」も多くいますが、結局は二つか三つのコード(和音)を繰り返し使って歌っているだけの歌になってしまっています。自分で作った歌をドレミファで歌ってそれを楽譜に書いておけば、いつでも思い出せますし、変化をつける事も簡単です。前とは違う進化した音楽を作り出す事ができます。ですから幼い時から「楽譜を書く」という練習をしておかないと良い音楽は書けません。そこで成長著しい幼児の時から「ソルフェージュ」という教育を身につけておく事が重要になってくるのです。どうぞ山本音楽研究室にお出かけ下さい。